毛穴クレンジングする前に@肌質が違えばケアも違うものだから知っておきましょう

乾燥肌のタイプ

毛穴クレンジングを使用してスキンケアをする場合の注意点としては自分がどのような肌質かということをきちんと理解する必要があるという点ですが、せっかくお金をかけて毛穴クレンジングをしても肌質にあってないケアだとかえって逆効果になってしまうことがあります。

肌質の中でも女性に多いとされているのが乾燥肌のタイプですが、これは名前の通り乾燥している肌質のことで、女性の場合は女性ホルモンの分泌によって皮脂の生成が少ないことや化粧をした後にクレンジングを使って化粧を落とすことによって必要な油分も洗い流してしまうことが理由としてあります。

乾燥肌の場合は皮脂があまり溜まりにくいので保湿ケアをすればいいと単純に考える人も少なくありませんが、この考えた方はむしろ逆で乾燥している肌というのは保湿をするためにどんどん皮脂を分泌していることが多くそれに伴う角栓が見られます。


乾燥肌の場合も保湿をする前にはクレンジングなどを使用して毛穴の中をすっきりさせてから保湿をするのが基本的な考えとなっており、この順番を間違えてしまうと正しいスキンケア対策にはならないので注意する必要があります。

乾燥肌になる原因にはいろいろありますが、アレルギーの反応によって乾燥化が促されることも少なくありません。特に花粉症時期になると顕著に肌が乾燥してしまう人もいますが、アレルギーによる乾燥は敏感肌の現認にもなってくるので注意する必要があります。

脱毛で毛穴も綺麗になり大きさも小さくなります

脂性肌のタイプ

毛穴クレンジングの使用を考えている人の多くは脂性肌に対して悩みを持っていますが、脂性肌というのは特に男性の肌質で多く、乾燥肌と脂性肌が混合状態になっているケースも少なくありません。

脂性肌になることによって皮膚上に多くの皮脂が分泌されるようになり、これが空気と触れることによって酸化することで加齢臭の原因になってしまうことや皮脂に雑菌が繁殖することによってニキビの原因になってしまうこともあります。

また、皮脂の分泌が多くなると毛穴を通って出られなくなる一部の皮脂が炎症を起こすようなこともありますが、このような毛穴に蓄積している皮脂についても毛穴クレンジングを使用することによってきれいに取り除くことができます。


毛穴クレンジングを使用して毛穴がすっきりした後は一時的に乾燥状態になるのですが、しばらくするとまた皮脂が分泌されて、元の状態に戻ってしまうので定期的にケアをする必要があります。

また、過剰に皮脂を洗い流してしまうことによって肌に皮脂が足りてないと肌が勘違いすることによってさらに皮脂を分泌するようになることもありますが、こうした状況はさらなる肌トラブルの原因になってしまう可能性もあります。


夏になると汗がたくさん出るついでに皮脂なども多く分泌されることがありますが、空気が乾燥する冬場においても皮膚上だけが乾燥して皮脂はどんどん分泌されて生成されている体質の人も多いのでケアをする場合も注意が必要です。

敏感肌のタイプ

肌は老化現象が顕著に出やすい場所になっており、シミやシワなどの症状が出てくると自分も年を取ったと感じるようになるタイミングですが、人によっては実年齢から考えて明らかに肌年齢が老いて見えるようなこともあります。

また、実年齢に比べた場合に肌年齢が若いことによって実際の年齢よりも若く見られることがあり、このような実年齢と肌年齢の違いは元々の体質だけでなく日頃のスキンケアによるものも大きいと言われています。

肌質で多いのは乾燥肌と脂性肌ですが、いずれも悪化すると敏感肌と言って肌が荒れやすい状態の肌質に変化することがあり、これは生活習慣が悪化することや他にも加齢に伴って症状が起こるようなケースもあります。

敏感肌になることによって肌トラブルが起こらないためにも日頃からスキンケアをする必要があり、毛穴クレンジングを使用して皮脂を取り除いている場合も過剰に皮脂が取り除かれることによって乾燥化するのを防ぐために保湿を促す必要もあります。

ちなみに毛穴クレンジングを使用することのメリットにはいろいろありますが、種類によっては美容効果なども得ることができるので美を追求する人が使用するようなこともあります。

しかし、本来なら肌の為に効果があると言われているクレンジングであっても敏感肌になっている場合は肌荒れの原因を作るだけしかないようなこともあります。

自分の肌質をきちんと理解した上でそれにあったケアを意識することが何より大切です。